So-net無料ブログ作成

BOSS GT-100でMetallicaのクリーントーン♪ [BOSS GT-100]

こんにちは、ginchanxです。

メタリカとういうか、
ジェイムズのクリーントーンを作ってみました。

ジェイムズのクリーンといえば、
RollandのJC-120ですよね。

JC-120のコンボ(以前?)やJC-120のヘッド(最近?)を
使っている写真を見ます。

JC-120内蔵コーラスも使っているようですね。

メタリカのクリーントーンがRollandのJC-120というのが、
日本人として大変嬉しいことではないでしょうか。

しかし、私はスタジオ経験が高校生の時に数回程度で、
大型真空管やら、JC-120は殆んど使ったことがありません。

JC-120の研究は こちらの記事 が有名ですね♪

YouTubeでJC-120を使ってジェームズトーンを作っている方々を、
チェックしてみましょう。

JC-120単体です。
ライブのイメージはこういう音ですね。
ただCDの音はもっとハイを押さえた柔らかい音になっていると思います。



こちらはディーゼルVH4とJC-120のパラレルミックスのようです。
豪華ですね〜。



Sanitariumのクリーンを参考に、
BOSS GT-100で作ってみました。

ライブ音


CD音



GT-100内のJC-120モデリングを使いあれこれと、、
ギターはスラッシュレスポール(PU=APH-1)

ginchanx音(左よりのセンター)
終盤にギター音のみになります。


まあ、これでいいか^^;
設定は→こちらをどうぞ。

アルバムでいえば4枚目くらいまではこの音でもいいかもですが、、
この音でEnter Sandmanを弾くと細くてイマイチなんですね。
フロントでも、、ダメでした。
ブラックアルバムのクリーンは別で作る必要がある感じです。



歪みも作成中ですが、、
私の場合、メタリカの歪みはうまくいった試しがありませんorz
テスト録音で、、ちょっと演奏はイマイチです。

So What (右ch=ginchanx)



Of Wolf and Men (右ch=ginchanx)



では、



Master of Puppets

Master of Puppets

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Polydor
  • 発売日: 2000/05/25
  • メディア: CD


タグ:METALLICA GT-100
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 10

コメント 4

DEBDYLAN

JCは高校、大学時代に通ってたスタジオにあったんでよく使いました。
クリーンなトーンはピッキングの不安定さが目立つんで、
僕には勇気がいる音色です^^;


by DEBDYLAN (2014-07-07 22:46) 

DON

指の練習で 最初にクリーントーンで練習します
なかなか ヘタさが目立つんですが・・・

クリーンも歪みも 良い音に仕上がってますよ
カッコイイです(^^ゞ
by DON (2014-07-08 19:19) 

KOVCH

ginchanxさん、こんばんは。
メタリカの歪はやっぱりEMGの力が大きいのかもしれませんね。
あとは、ブラックアルバム以降はいろんなアンプを鳴らしてるっぽいのでなかなかイメージを掴むのが難しそうです。
逆に、コンプいっぱいかけてドンシャリにすればそれっぽい感じにはなるのですが、ちゃんと似た音を出そうとすると、すごく大変そうです^^
最近のは単純にドンシャリって感じでもなくなって来てますし、より複雑で悩ましいです^^;
by KOVCH (2014-07-08 21:06) 

ginchanx_5150

DEBDYLANさん
おっしゃる通りですね、、、
クリーンを弾くとピッキングを練習しないと、と思います。

DONさん
私の場合はクリーンは、クリーンを弾く時しか弾かないので、
上手くならないのか、、そうかもですね〜。

KOVCHさん
やはりブラックアルバム風の音を作りたいですね。
とにかくEMG81を手に入れたいです♪
メタリカの歪みは簡単に作れそうな気がするのですが、、
いつもいつも、まったく歯が立たない感じです^^;
by ginchanx_5150 (2014-07-08 22:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。